金利の低い大手銀行系のカードローン

大手銀行系のカードローンは金利が低く利用しやすいローンとして人気があります。もちろん作るときに審査を受けて、返済能力が十分というお墨付きを得なければこのような銀行系のカードを作ることはできません。金利が低いということはその分返済総額を減らす得るということですから、利用する側にとっては大変有利なものです。

しかもこのローンは保証人がいらないのも大きなポイントです。一般的な借り入れは必ず保証人か担保が必要になりますし、賃貸住宅を借りるのですら保証人が必要です。けれどもこのローンは保証人が必要ないので、探す手間なく借入をすることができるのです。

ただしここで注意点があります。保証人がいらない代わりに借り入れをする人を保証しているのは、カード会社とは別の保証会社です。万が一支払いが滞ってしまった場合は債権者はカード会社から保証会社に変わるのですが、この保証会社は金利を高く設定しているケースがあるのです。

多くの場合モビットやその他の消費者金融が保証会社となっているので金利が上がってしまうのですが、カードローンを利用する際は返済が滞らないように注意が必要です。せっかくの低金利を生かした借り入れをするために返済期限は厳守しましょう。